稲毛民間航空記念館 稲毛海岸の民間飛行場の歴史を後生に
稲毛民間航空記念館 いろんな飛行機
稲毛民間航空記念館 いろんな飛行機
常設展示をリニューアルしました。
ページ内容と展示内容に差異がございます。もう少々お待ちください。
〔 鳳号 〕 奈良原式4号機「鳳」号
民間飛行機研究家であった奈良原三次は、1910年(明治43年)徳川・日野両大尉が、代々木練兵場(東京)で、わが国初の飛行を行うより2ヶ月も前に自費で奈良原式1号を製作しました。この1号機は構造材が全部丸竹という特徴あるものでしたが、フランスから輸入したエンジンの馬力がたらず、ついに飛行することはありませんでした。

翌年の1911年4月には奈良原式2号が完成し、5月5日所沢(埼玉県)の飛行場で奈良原自らの操縦により、4mの高度で60mを飛行、これが記念すべき国産機最初の飛行であったのです。
鳳号
その後、奈良原は自ら操縦をすることなく弟子の白戸栄之助がこの2号機によって飛行訓練を重ねていきました。3号機はその年の9月には出来たのですが、金銭上のトラブルから余り飛ぶことなく姿を消してしまいました。 そして、4号機が製作され「鳳」号と命名されました。奈良原は、この鳳号を作るにあたり、東京の兜町の株屋である高井治兵衛と今川橋の薬問屋の当間という人から出資をしてもらい、東洋飛行機商会を設立し、深川で空き工場を借りて機体の製造を始めました。そして、技師長として田中館愛橘博士の弟子である志賀潔理学士が監督しました。

鳳号は1912年(明治45年)3月末には完成し、所沢で試験飛行したところ、良い結果でした。早速、川崎競馬場に運ばれ、4月3日から有料公開飛行会を行い成功しましたが、最終日に門柱に翼を引っ掛けて落ち、壊れてしまいました。その後、この機体を修理し、5月11、12日の2日間、青山練兵場(東京)で無料公開飛行を行い、当時まだ皇太子であられた大正天皇、皇孫であられた昭和天皇の台臨をあおぎ、完全な飛行を行って大成功をおさめました。

それから後、所沢の陸軍飛行場では軍の本格的な訓練が始まり、民間機が使用するには、いろいろと制約が多くなりました。そこで、奈良原の発案で稲毛の干潟を利用することになり、鳳号は海気館(旅館)が建ててくれた丸太組の格納庫に移転して活躍を始めました。それまでは、民間の飛行機といえども、練兵場等の軍の施設を利用していたのですが、この干潟を利用することにより民間として独立したことになり、稲毛が民間航空発祥の地となったわけです。
 
[神風号]
乗員2名、動力 中島「寿」三型空冷式星型9気筒550馬力、金属製2翅プロペラ直径2.9m、全幅12.0m、全長8.49m、全高3.34m、主翼面積20.36平方メートル、自重1,399kg、最大速度480km/h、航続距離2,400km、全金属製応力外皮構造。

1937年(昭和12年)、朝日新聞社が計画した東京・ロンドン間の親善飛行のため、陸軍の遠距離高速偵察機(三菱雁型)を活用した。神風号は、公募により命名された。展示模型は縮尺30分の1。
神風号
[航研機]
乗員3名、動力 川崎特殊液冷式V型12気筒715馬力、木製2翅プロペラ直径4.0m、全幅27.93m、全長15.06m、全高3.84m、主翼面積87.3平方メートル、自重4,225kg、最大速度245km/h、航続距離13,000km、翼は全金属製骨組金属板および羽布張り、胴体は全金属製半張殻構造。

1937年(昭和12年)、東京瓦斯電気工業(株)のちの日立航空機(株)が製作した航続距離の世界記録をねらった飛行機で、公認の世界記録をもっている。展示模型は縮尺30分の1。
航研機
[ニッポン号]
乗員4名、乗客8名、動力 三菱「金星」四二型空冷式複列星型14気筒900馬力×2、金属製可変ピッチ3翅プロペラ直径3.4m、全幅25.0m、全長16.5m、全高4.5m、主翼面積75平方メートル、全備重量9,200kg、最大速度340km/h、航続距離3,500km、全金属製応力外皮構造。(航空局データ)

1939年(昭和14年)、毎日新聞社が計画した世界一周親善飛行のため、海軍の96式陸上攻撃機を改造して製作された。展示模型は縮尺30分の1。
ニッポン号
[A―26]
乗員6名、動力 中島ハ-115特空冷式複列星型14気筒1,170馬力、金属製3翅プロペラ直径3.8m、全幅29.44m、全長15.3m、全高3.85m、主翼面積79.56平方メートル、自重7,237kg、最大速度440km/h(高度4,600m)、巡航速度300km/h、航続距離18,000km、全金属製応力外皮構造。

1942年(昭和17年)、朝日新聞社が計画した東京・ニューヨーク間無着陸親善飛行のために製作されたが、実際には東京・ニューヨーク間は飛んでいない。
1944年(昭和19年)には、無着陸、長距離の当時の世界新記録を樹立した。展示模型は縮尺30分の1。
 
A―26
[YS-11]
乗員3〜4名、乗客60〜64名、動力 ロールスロイスダートmk.542・10ターボプロップ2,680shp×2、全幅32m、全長26.3m、全高8.98m、主翼面積94.8平方メートル、自重15,019kg、最大速度552km/h(高度4,145m)、航続距離2,278km。 (YS-11・100/200/300の基準データ)

1962年(昭和37年)、三菱重工(株)をはじめ6社が分担し、戦後我が国初の旅客機、双発ターボプロップ機。

滑走距離が1,200mと短く、小回りのきく中型旅客機として現在でも近距離路線で使われている。
展示模型は縮尺30分の1。
YS-11
[飛行船「ツェッペリン伯号」(グラーフ・ツェッペリン号 LZ−127)]
ツェッペリン伯号1900年(明治33年)ドイツの退役軍人・ツェッペリン伯爵(1838−1917)が硬式飛行船LZ−1の初飛行に成功しました。その後第一次世界大戦末期までに多くの硬式飛行船が建造されました。

1928年(昭和3年)、ツェッペリン伯爵没後11年目、「グラーフ・ツェッペリン号LZ−127」が誕生し、世界で初めて旅客を乗せて飛行するようになりました。以来、引退する1935年(昭和10年)12月までの間に、大西洋横断、太平洋横断、アメリカ大陸横断など世界の空を飛行しました。
また同船は、1929年(昭和4年)8月世界一周旅行の途中、日本に飛来し、8月19日東京、横浜の上空を飛んで、霞ヶ浦海軍飛行場(茨城県稲敷郡阿見町)に着陸しました。
その時の飛行では、エッケナー博士(1868〜1954)を指揮官とする41名の搭乗員と乗客20名を乗せ、全航程31,321キロメートルを通算21日7時間33分の記録を作りました。

現在、ジェット旅客機による太平洋横断飛行は約9時間ですが、当時は3日と7時間22分要しました。
展示品は、東京ソリッド・モデルクラブが製作した縮尺100分の1の模型で、1996年(平成8年)4月に寄付されました。
[グライダー「プライマリー」復元機(文部省式1型初級滑空機)]
グライダーにはその性能と型式で、プライマリー、セコンダリー、ソアラーの3つのクラスに大別されます。
1938年(昭和13年)年文部省(現、文部科学省)は各中学校に、滑空部(グライダークラブ)を設けることを奨励し、1940年にはプライマリー(文部省1型初級滑空機)を発表しました。

千葉市では、最初に千葉中学校が1938年(昭和13年)9月部を創設。その後、千葉商業学校、千葉工業学校、関東中学校にも滑空部が創設されました。1942年(昭和17年)千葉工業学校では、文部省1型初級滑空機の製作に取り掛かり、飛行に成功しております。この製作に参加した生徒の一人がプライマリー寄贈者の大野氏です。展示品は、1988年(昭和63年)6月に千葉市中央区道場北1−8−2 大野輝夫氏より寄付された。
グライダー「プライマリー」
全長 5.55m   操縦席高さ 2.35m 主翼 長さ 10.32m 幅 1.41m フラップ長さ 2.24m 水平尾翼 横長 2.70m 奥行き 1.43m
垂直尾翼 幅 0.73m 高さ 1.55m 滑空速度 46.5km/h
 

リンク

指定管理者 公益財団法人千葉市みどりの協会 稲毛民間航空記念館 〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2番2号 TEL・FAX 043(277)9000

Copyright(c)2003.Chiba City Greenery Association All right reserved